2007年01月25日

恐れていた円高、今後の為替予想

いよいよ円キャリートレードの調整が始まったような

下落が続いています。特に下落が激しいのが去年から

大きく値を上げていた欧州通貨です。

ユーロ円、ポンド円とも大幅に下落しています。

その反面、ドル円は今のところ1円の下落に留まっています。

もし売りから入るなら戻ってきた欧州通貨を売りたいところ。

しかしチャートを見ると、かなり下ヒゲが目立ってきた。

一旦、下げ止っている状況です。下値メドですが、ドル円で119円90銭辺り、ユーロ円は154円20銭辺り、

ポンド円は233円20銭辺りではと思っています。

この下落は2月のG7で円安が議題に上がるとの報道を受けて

下落しているものです。このG7ネタがクセモノで、

今までにも大きく為替を動かす材料にされてきました。

されてきたと書いたのは、ヘッジファンドなどが手仕舞いの

きっかけにしたり、売りを仕掛ける材料にしてきたからです。

その良い例が、1985年のプラザ合意です。

プラザ合意後、円は歴史的な高値をつける結果となりました。

とにかく相場が大きく動く時は利益をえるチャンスでもありますが、

損失も一気に拡大してしまいます。

ポジションは慎重に取りましょうね。

為替で儲ける情報が!
初心者の為替(FX)システムトレード実践TOPへ
posted by FXシステムトレード・マギー at 17:40| 為替相場の予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このサイトの内容の正確性・安全性などは100%保証するものではありません。
投資、FX、外国為替証拠金取引をされる方は自己責任でお願いします。
初心者の為替(FX)システムトレード実践TOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。