2007年05月04日

雇用統計どうなの??今後の為替予想

昨日はアメリカの4月ISM日製造業景況指数が56.0と市場予想を上回ったことで私が予想していた以上にドルが買い戻されたようです。

今日の為替市場はアメリカの雇用統計の発表後から動き出すでしょう。市場予想は10万人です。しかし私は、今週のADP雇用統計が予想以上に悪かったため、市場予想より下回る可能性があると見ています。

雇用統計は経済指数の中で為替が一番動くものです。市場予想より上回ればドルは大きく上昇するでしょう。昨日の高値120円47銭を上値抜けできれば121円台も見えてきます。

しかし、下回った時は最初のサポートラインが119円80銭、そこを抜ければ119円10銭辺りまで下落しそうです。どちらにしても雇用統計の発表時間の21時30分まではポジション調整に終始し小動きな展開になりそうです。

為替で儲ける情報が!
初心者の為替(FX)システムトレード実践TOPへ
posted by FXシステムトレード・マギー at 18:08| 為替相場の予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このサイトの内容の正確性・安全性などは100%保証するものではありません。
投資、FX、外国為替証拠金取引をされる方は自己責任でお願いします。
初心者の為替(FX)システムトレード実践TOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。