2007年10月09日

FFレート(エフエフレート)

FFレート(エフエフレート)とは、アメリカの代表的な短期金利で、銀行間市場金利のことです。正式名は、フェデラル・ファンド・レート、英語表記の「Federal funds rate」の頭文字のFFをとったものです。

米連邦公開市場委員会(FOMC)の金融政策の誘導目標金利がFFレートです。FFレートは日本で言えば無担保コー ル翌日物に相当します。景気が減速するとFFレートは下がり、逆に景気が上昇するとFFレートは上がる傾向にあります。

2007年9月に米連邦公開市場委員会(FOMC)がサブプライム問題でアメリカ景気の減退を避けるためにFFレートを0.5%引き下げたことは記憶に新しいところです。

FXでは各国の金利差により為替レートが決まることが多いので、このFFレートの動向には注意が必要です。

スレンダートーンエボリューション
posted by FXシステムトレード・マギー at 14:30| FX外国為替用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このサイトの内容の正確性・安全性などは100%保証するものではありません。
投資、FX、外国為替証拠金取引をされる方は自己責任でお願いします。
初心者の為替(FX)システムトレード実践TOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。